アレルギーになる可能性のあるキャットフードの原料

人間同様に、発症してしまうと様々な問題が発生しかねず、大幅に健康を損なってしまうアレルギー。
代表的な症状といえば、目の周りをはじめとする皮膚のかゆみ、下痢や嘔吐など様々です。
今回は、そういったアレルギーの原因となるキャットフードの原料についてご紹介します。

主なアレルギー発症原因となる食材は、牛肉、魚、乳製品、穀類、小麦、ラム肉などが挙げられます。
こう見てみれば、キャットフードの材料の食材はほとんどがアレルギー発生の原因になります。
ただ、猫1匹ごとに発症しやすい食材は異なってきます。
全体的にアレルギーに強く、発症そのものがあまり起こらない猫もいれば、とりわけ乳製品といった限られた食材の摂取によってアレルギーが発症しやすい猫などもいて、まさに千差万別といえます。
未然に「うちの猫はこの食材がダメだ」と知っておくことはほとんど不可能ですが、いろんな食材のキャットフードを食べているうちに、「この食材はダメそうだなあ」などと学習していくことは可能です。

まずは、先ほど挙げたアレルギーの発症源になりやすい食材を把握しておきましょう。
アレルギー症状をできる限り防ぐ対策としては、「アレルギーを発症しやすい食材を摂取しない」ということに尽きます。
しかし、キャットフードの材料の多くがアレルギー発生源になりやすいものなので、それらを避けては通れないのが現状です。

では何も手を打てないのかというとそうではなく、アレルギーを発症しやすい猫に向けて作られた「低アレルギーキャットフード」を選ぶのが良い方法でしょう。
アレルギーが起きやすい食材の種類や量をできるだけ減らすことによって、発症のリスクを抑える効果が期待できるというわけです。

元々愛猫がアレルギー体質だったり、過去にアレルギーを発症してしまい、常に心配だったりする場合には、こちらに切り替えると良いでしょう。
2キロで3000円ほどになっており、一般的なキャットフードよりも少し割高になっています。
しかし、アレルギーによる様々な症状を防ぐには、かなり有効な手段です。