キャットフードを選ぶときはカロリーもチェックする

人間の食べ物同様に、その含有量の多いか少ないかが気になってくるカロリー量。
多すぎれば肥満の原因となって、健康面で良くありません。
逆もまた然りです。
今回は、キャットフードの含有カロリーのチェックの重要性についてご紹介します。

まず前提として、カロリーというのはその猫の体重に合った適切量があります。
具体的には、体重1キロあたりで80カロリーとなります。
5キロの体重であれば400カロリーが必要となります。

キャットフードでいえば、この程度のカロリーを過不足なく摂取できるものが適切となります。
結論を言ってしまえば、知名度の高いメジャーな総合栄養食が最もそれにあてはまります。
総合栄養食は栄養バランスのみならず、カロリーも十分に摂れるように作られています。

逆に言えば、総合栄養食以外の一般食や補助食であれば、味そのものを中心に考慮して作られた嗜好性の高いものです。
しかしながら、それらは栄養バランスどころかカロリーに関しても、多めだったり少なめだったりしているために、日頃毎食のように頻繁にあげるには向いていません。

特徴を挙げると、総合栄養食は種類は様々であっても共通して健康に気を遣っているため、どれをチェックしてもカロリーが多すぎたり少なすぎるものはほとんどありません。
一般食は補助食は、先ほど挙げたように総合栄養食ほど健康面に気を遣っていないため、選ぶときは1種類ごとにカロリーの量をしっかりと確認する必要があります。

また愛猫が子猫や老猫であった場合は、子猫は多め、老猫は少なめなカロリー量を摂取させるのが適切です。
もちろんカロリーをしっかりチェックして、あげる分量も考慮する必要があります。
この場合は、子猫なら子猫用、老猫なら老猫用のキャットフードを選んだほうが良いでしょう。
適切な量のカロリーが計算されて含まれているからです。
毎度カロリーを考量する手間が省けるので、愛猫のカロリー摂取量の管理に自信がなかったり、不安があるという方はこちらを積極的に選ぶべきでしょう。