ウェットフードをあげてしまうとドライフードを食べなくなるのか

総合栄養食の割合のほとんどを占める、ドライキャットフード。
一方で、総合栄養食であることはほとんどなく、一般食が多いウェットキャットフード。
ドライフードを普段あげていて、たまにウェットフードをあげたらそちらにハマってしまい、ドライフードを食べなくなるのではと心配している方もいることでしょう。
今回は、そのことについてご紹介します。

基本的に総合栄養食であるドライタイプのキャットフードは栄養バランスがしっかりと取れている一方で、加工に加工を重ねているために肉や魚などの素材の食感はありません。
一方で、ウェットタイプのキャットフードは素材に近い状態なため食いつきが良く、ドライタイプよりも嗜好性が高くなっています。
味だけに着目しても、ドライフードとウェットタイプではウェットタイプの方が味の種類が豊富にあります。
当然食いつきの良い方がハマりやすいというわけですから、ハマる程度が高ければ高いほどそちらに傾倒しやすくなります。

ということは、ドライフードに一切手をつけなくなりそうですが、必ずそうとは限りません。
普段からドライフードを食べていればその味を覚えていたはずですから、よほどウェットフードの美味しさに衝撃を受けない限り最初はむしろウェットフードに違和感を持ち、結局ドライタイプに戻るということが考えられます。
つまり、「もうこれ以外食べられない」とでも思っていない限りは、その後もドライフードを目の前に出せば普通に食べてくれると考えられるわけです。

ただ、猫は猫でそれぞれ違うので、ウェットフードを同じようにあげてもその一食で飽きる猫がいれば、実際にそれにハマってしまってドライフードを受け付けなくなる猫もいるかもしれず、程度はさまざまです。

なので、ウェットフードはあげるにしても、最初は味や素材に特徴がありすぎるものはさけて、単純にビーフやササミなどを使ったごく普通のものをあげてみるようにしましょう。
そこからその後の変化を見て、今後もウェットフードをあげるか否かを検討するべきといえます。
ドライタイプにするか、ウェットタイプにするかも大切ですが、愛猫の年齢に合わせてキャットフードを変えていくことも忘れないようにしましょう。