キャットフードは高価なものの方が安心か?

猫用であろうと人用であろうと、安物であれば質が悪いものが多いので、心配になりがちです。
キャットフードは安物から高級な物まで、販売しているメーカーも種類も様々です。
今回は、高価なキャットフードの方が安物や平均的な物よりも安心なのか、ご紹介します。

そもそも、安物と高級品の違いは「素材の質」と「添加物の量・有無」が決定的に違います。
安物であれば、病気や障害などを持っていた肉である、通称「4Dミート」が入っている可能性があります。
安ければ安いほど4Dミートが含まれていることが多く、もはや「肉であればなんでもいい」と思われているのではと感じるほどです。

一方で高級品は真逆で、肉も新鮮さにこだわる以前に産地にこだわっており、肉も魚もそれぞれ名産地のものを使っていることが多いです。
素材の出どころをしっかりと示すことによって、味はもちろん質に関しても安心できるようにできています。

添加物に関しては、安物は多くの種類をたくさん使用している場合が多い傾向にあります。
保存料、着色料、さらに言えば遺伝子組み換え食品などなど、天然という言葉とはかけ離れたものが当たり前のように含まれています。
摂取してすぐに健康問題が生じるわけではありませんが、長年、特に幼いうちから摂取し続けていれば体内に蓄積されていき、加齢が進んだ頃に臓器の疾患などになりやすくなってしまいます。

高級品はどうかというと、それらの添加物が限りなく少なかったり、一切含まれていない場合もあり、自然に近い状態になっているため、添加物の体内への蓄積の心配がほぼありません。
含んでいたとしても、ごく少ない種類の添加物がごく少量含まれている程度のことが多く、添加物に関する考慮の必要がなくなります。

当然高級品の方が値段が高くなります。
しかし、上記のようにできる限り味を考慮しながら悪影響を及ぼしかねない物を排除しているため、高級品の方が安全性が高くなります。